読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CHAPAWONICA BLOG ~らぶ&ぱぽぷ~

CHAPAWONICAの生命活動BLOG♡

シークレットステートメント1《女》

作品のこと

※展示をご覧いただきQRコードから見に来てくれた方も、たまたま見つけて読んでくれた方もありがとうございます!こちらは《女・人間・未来》という写真三部作のシークレットステートメントです。実際の作品では裸のわたしの写真の後ろに真っ白な背景があり、そこに真っ白な文字で文章が書いてあります。自分の体そのものを題材にして作品をつくるにあたり「色んなことを自分の頭で考えた」ということ自体が一番エキサイティングな時間だったために、それを残したいと思って文章を綴りました。作品を通して、何かを考えるきっかけになれたらこんなに嬉しいことはありません!

 

MAYUCHAPAWONICA

 

 

f:id:chapawonica:20170419181916j:plain

 

 

【女】

 

女・おんな・オンナ!

今回この作品の話をもらったときに私の頭の中はまだ?でいっぱいだった。

男性ヌードの対になる作品で素材は自分のハダカ!!即答でイエスと言ったけど、一体この作品がどうなるのか1mmも見えていなかった。

なんとなく漠然と派手派手にしたい、普段の自分のカラフルハッピーテイストにしたいと言う気持ちだけあったんだけど、それはただの惰性だったと後々気づかされることに・・・。

イメージが見えないままとりあえず写真だけ先に撮る。丸裸でニュートラルな自分。いつもの笑顔のまゆはそこにはいない。

写真に写っていたのは、力強く美しい裸の女だった。

データから大判サイズにプリントしてみると、作品はさらに強さを増していた。プリントされた自分と対峙した時に「自分がこんなにも女である」という事実が迫ってくる。

全体に柔らかそうで、おっぱいもあるし、毛で隠された性器もある。私はオンナだったんだなあ。

そして、この裸の女は自分であって自分ではない、自分から切り離されたような作品にも感じた。

絶妙の距離感を保ちながら私とオンナの私は一緒に作品のアイデアを練り練りする。そもそも、このハダカってそのまま展示していいの?ここで「わいせつ」関連の法律も調べたり、芸術と法の「性と自由」に関する前例を調べたりした。性に関する両者の争いは絶えないようだった。

全員が自由に裸で歩きまわれたらいいとか別に思わないけど、裸は全員持っているのに公にしたら逮捕されると言うのも不思議な話だと。

だって何も飾ってないってこんなに美しいのにそれが罪だなんてね。

一緒に展示する男性ヌードを見てさらに思う。男子のおっぱいは出してもよくて女子のおっぱいはダメなのね。

隠せって言う割に別の所では見せろって言ってみたり。

裸に関しては女の方が制約が多い。

女ってめんどくさい、でもって美しい。

男女を平等にっていう方向性もあるけど、 わたしはでこぼこでいいと思うなあ。

せっかく違うんだしね。

女子もおっぱい出していいよって言われてもわたしは別に出さないけど(今たまたま出してるけど)公でオープンにしてもいい場所はあったらいいなと思う。

アートはそんな場所かもしれない。

自分が自分のことを等身大に見れること、それが美しくても醜くても自分だなって丸ごと感じれること、それってめっちゃいいじゃんって思っている。

エロとか美とか置いとてもさ、人間だったり女だったり男だったり、ただただその存在そのものをニュートラルに感じれる時間があってもいいなって。

この作品を見てわたし自身がそんな風にニュートラルに自分を見れてうれしかった。

女のわたしとまたひとつ仲良くなれた瞬間。

 

 

 

 ☆MAYUCHAPAWONICA 久々の東京での展示です!
期間中4/22・23 、4/29〜5/6 受付で番頭をやっているのでまゆいます!カモーン\(^o^)/
「夜の 浴場とヒタキバを巡る 小さな冒険」
http://cirq-cirq-cirq.com/event/
4/22(sat)-5/6(sat) (4/19~21プレオープン期間)
16:00-21:00 夜!火曜定休
宮の湯(元銭湯) 文京区根津2-19-8 根津駅から徒歩1分弱
入場料1000円(学生300円)
撮影可 入浴・喫煙不可