CHAPAWONICA BLOG

まゆちゃぱうぉにのブログ

自分自身の1%にプロポーズしたら他人からプロポーズされた話① - ミラクル凡人ブスちゃんとの再会

4月12日を持ちまして、よめはん余命半年の冒険は終わりました!お葬式にきてくれた方、自分の場所で最後の日を過ごしてくれた方、みんなありがとうございました!(最高でした)よめはんで感じたことは自分のペースでアウトプットしていきたいと思っています。会社のこともまだ言いたいことの100分の1くらいしか言えてないのですが、これから出していくので見てもらえたら嬉しいです✨

 

 

f:id:chapawonica:20190419205256j:image
お葬式の時のよめはんチーム



とりま、これからカウントアップの人生!ボーナスタイム!


 

何をやっても、積み上げている感がすごいです

 

 

まだ生きて良いなんて、最高ですね✨

 

 

今日は、よめはんの最後に起きた自分史上最高にドラマチックなお話をお送りします

 

 

 

f:id:chapawonica:20190327133206j:plain





4月初旬、私は余命半年を生きる実験企画「よめはん」の最後の週に突入していました



この半年間本当にいろんなことがあったけど、死ぬ前に実家に帰って家族に会いたいなあ!ママ誕生日だし!!と思っていたので、故郷の新潟へ帰ることに

 

 

f:id:chapawonica:20190419183355j:image


f:id:chapawonica:20190419183318j:image

サプライズで行ったらママ喜んでたー!スペシャルサンクスちーちゃん


 

よめはんの半年での私自身の変化はもちろん、ママとの関係やその変化が家族にも波及していて実家の雰囲気もずいぶん変わりました。まじ、呪いが解けてる感

 



ママとのあれこれ↓

★愛しい愛しい呪いに気づくとき -

★気高きひとりぼっちたちへ【余命あと42にち】 


なんだか家族みんな元気で家の中にもパワーが生まれていたのは嬉しかったな。死ぬ前にパワーが有り余っていた私は家族と協力して、家の中をひっくり返して断捨離祭りを敢行・・・気持ちいい!

 

 

f:id:chapawonica:20190419193508j:image
一度も捨ててなかった漫画本たちも旅たちの時(30年ぶりの変化)




f:id:chapawonica:20190419183827j:image

f:id:chapawonica:20190419183853j:image


台所も、ペンキを塗って雰囲気を変えた(50年ぶりの変化)

 

 


それですごくいい気分で、夜中に実家で一人お風呂に入っていたところ・・・それは突然やってきました

 

スマホ見てたらインスタでたまたまエッチなアカウントからフォローされた通知が来ていて(よくある、アプリでモリモリの架空??という感じの露出度高めの巨乳美女、って感じのアカウント)



それを見た私から「なんか、ずるい」という声がポロッと出てきた

 

 

普通に生活していたら見逃してしまえる繊細な心の動きだったけど、この半年間ココマップで自分を観察する術を磨いてきた私は見逃さなかった

 


以下、まゆと心の中の人の会話(勢いでそのままメモに打ったのを載せるので、脈絡ない部分もあります)

 

 


まゆ「何がずるいの?」

 

心の声「女を武器にしていること、しかも作り物で嘘っぽくて、男子に媚び売ってる感が満載でダサい」

 

まゆ「なんで?」

 

「だって、卑怯じゃん」

 

まゆ「なんで?」

 

「堂々とやってない

男を狙ってる

可愛ければ、エロければいいと思ってる」

 

まゆ「そうなの?

どうしてそう思うの?

それって、だから自分は女を武器にしませんって言ってるのと一緒だと思うけど

 

自分を磨いて、可愛くて、エロくて

注目されて、素晴らしいじゃん!

何が悪いの?」

 

「何が悪いんだろう?

自分はそういう路線じゃない!って感じ」

 

まゆ「自分はそういう路線じゃないから、可愛くないし、エロくないし、そういう部分で注目は集めませんって思ってる?」

 

「ん〜思ってるかもしれない

女を武器にしちゃずるいっていうか

それは違うって思ってる」

 

 

まゆ「でもさ、美しくいるって、本当は最強に嘘がつけない真実なのにね」

 

 

「あと美しくいるために、闇が必要って思ってる」

 

 

まゆ「じゃあ、美しくいないために

闇も必要ない?」

 

「ん〜そう思ってるのかな??

どうせ、キモオタに媚び売ってんでしょ?

わたしは絶対媚びないから!とか思ってる

 

とにかくなんか、良い感じに思わない」

 

 

2「どっからきたんだろね?その感覚・・・」







 

 

その時・・・

 

 

 

 

 

 

誰か「うっせーブス!!!

 

うっせーブス!!!!!

 

うっせーブス!!!!!

 

ブスは黙ってろよ」

 

 

 

という声が聞こえた

 

 

 

2「え!?誰が言ってんの?」

 

 

 

誰か「は?知ってんだろ?お前がお前にずっと言ってんだよ!!!!」

 

 

 

そこに突然現れたのはこんな子だった

 

f:id:chapawonica:20190419193829p:image

 

その名も「ミラクル凡人ブスちゃん」!!!!(キャラ濃すぎ!!)

 

 

続く→自分自身の1%にプロポーズしたら他人からプロポーズされた話② - 祝おう呪おう何度でも一緒に。 - にんぷ社長のよめはん日記