にんぷ社長のよめはん日記

まゆちゃぱうぉにかの余命半年183日

全てが今、ここに。






あの場所に立った瞬間

 







ヒデちゃんが話し終わった瞬間

 







急に涙がうわーーーーーって湧き出てきて

 







いろんな感情がどばーーーーって湧き出てきて

 

 






めっちゃ泣いた

 

 

 

f:id:chapawonica:20190430134450j:image

 

 

4月28日 

わたしたちは東京レインボープライドというLGBTQマイノリティ多様性の祭典に出展している、クレイジーウェディングさんのブースでミニ結婚式をやらせてもらった

 

 

 

お話をもらったのは5日前という怒涛の展開で、友達も誘って急に盛り上がって、嬉しいやら準備忙しいやらでバタバタしていたらもう当日

 




プロポーズの時の話はこちらをどうぞ

自分自身の1%にプロポーズしたら他人からプロポーズされた話③ - 結婚します♡



f:id:chapawonica:20190430142543j:plain

結婚式始まる前に、なぜか円陣組む!笑

 

 

 

f:id:chapawonica:20190430140429j:image

会場はこんな感じで、道ゆく人も足を止めて聞いてくれていました

 

 

 

 

 
この半透明の白いブースの中に台があって







そこに2人で立つ

 

 

 

 

 

ヒデちゃんがいま目の前にいる

 

 

 

 

2人でただ向かい合って立っている

 

 

 

 

それだけなのに

 

 

 

 

涙が出る

 

 

 

 

なんでかな?

 

 

 

 

不思議だね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君がただ目の前にいる

 

 

 

 

 

それだけがこんなに嬉しいって

 

 

 

 

 

 

それだけがこんなに愛しいって

 

 

 

 

 

自分でも気づいていなかったよ

 

 

 

 

 

 

 

f:id:chapawonica:20190419220011j:plain

プロポーズの日のことも思い出していた
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想いが溢れすぎて全く言葉にならなくて

 

 

 

泣いてもう手紙読めないよ〜という自分もいたいし、それでも奮い立たせてでも手紙読もう!という自分もいた

 

 

 

その結果

 

 

 

たくさん考えて書いた手紙を半分うわの空で読んだ、笑

 

 

 

手紙には今まであったことを中心に書いた

 

 

 

特に、この場でどうしても三角関係のことについては言いたかった自分がいた

自分の中の、これでよかったんだろうか?と悩んで葛藤していた小さな自分をこの舞台にあげてあげたかった、ハグしてあげたかった

 

 

 

色々あったけど、過去、今、未来、

360度全方位に存在している自分に、全細胞に、私でいてくれてありがとうって思えた

 

 

 

その時、ただの私としてここに立てた瞬間だった


 

 

ここに立てていることが、ただただ嬉しくて、なんかそんな感じで

 

 

 

 

夢のように時間が過ぎていった

 

 

 

 

友達と3組合同でやれたのも最高だったよ

f:id:chapawonica:20190430152804j:image


f:id:chapawonica:20190430152621j:image

 


f:id:chapawonica:20190430152614j:image

 

来てくれたみんな本当にありがとう!!!

 


f:id:chapawonica:20190430153600j:image

ポケモン軍団のみんなもありがとう!!!

 

 

 

 



帰ってから、まだ想いがあふれていた私は

 

 

 

この気持ちを表現しなかったら後悔するなって思って

 

 

 

あったかいお風呂に浸かりながらヒデちゃんにメッセージを送った

 

 

 

 

 

 

 

ヒデちゃんの大好きなところ

 

 

まゆが「これやろう!」って言ったら「いいよ」って言ってくれるところ

 

 

能登から結婚式のために1日だけ帰ってきてくるところ

 

 

まゆにタピオカミルクティーを買ってくれるところ

 

 

ゆるふわなのに、急にかっこいいところ

 

 

まゆが明るい陽キャラでいるぶん、ちゃんと暗い陰キャラを担当してくれるところ

 

 

桜の下でプロポーズしてくれるところ

 

 

おならが殺人的に臭いところ

 

 

まゆが、ヒデちゃんって呼んでも、うんちくんって呼んでも、全然気にしないで返事をしてくれるところ

 

 

まゆが「話したいだけモードの時は、聞いてなくていいから「うん」って言って欲しい」とお願いしたら、本当に「うん、うん」と言って聞いてないところ

 

 

 

まゆが「これ、可愛くない!?」と言ったら(可愛いかどうかは別として)「可愛い」と相槌してほしい!とお願いしたら、本当に反射的に「可愛い!」と言ってくれるところ

 

 

地獄モードの時に部屋で小さくなって動画を見続けているところ

 

 

好きっていうのが恥ずかしくて、スキの代わりにスシと言って、お寿司の画像やすしざんまいの社長の画像を送ってくるところ

 

 

未来のセンスがあるところ

 

 

すみすみを一緒にやってくれるところ

 

 

一緒に未来をつくりに行こうって言ってくれるところ

 

 

 

 

まだまだ、いっぱいある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒデちゃん、君のことが、だいすき

 

 

 

 

 

f:id:chapawonica:20190430152745j:image

 

 

 

めっちゃシンプル

 

やっと、今の気持ちをまっすぐ話せた自分がいた

 

あーーーーー、気持ち良い

 

そんな深夜3時

 

私の結婚式はようやく幕を閉じた

 

 

 

 

 

 

 

今日で平成もおしまい

 

 

新しい風がビュンビュン吹いている

 

 

 

 

というわけで

 

ヒデちゃん、これからもよろしくね♡

 

そして、関わってくれる大好きなみなさん、これからもよろしくね♡



ここから新しい冒険が始まります

 

 

 

f:id:chapawonica:20190430153104j:image